債務整理、過払い金、無料相談なら刈谷市に事務所を構える司法書士あいち司法&相続へご相談ください。

特定調停とは

特定調停とは、簡易裁判所の調停委員が債権者と話し合って借金を減らす手続きです。任意整理では司法書士を介し裁判所で解決を目指しますが、特定調停ではご自分で裁判所を通じ貸金業者と交渉をするという点が、他の債務整理との違いです。

特定調停の場合は、司法書士ではなく、裁判所を介した任意整理と認識してもらえれば良いと思います。

そして特定調停の最大の問題点は、裁判所はあくまであなたと貸金業者の仲裁をする、中性的な役割だということです。裁判所はあなたの味方をしてくれるわけではありませんし、貸金業者はこの手の交渉には慣れていますので、有利に交渉を進めてこようとします。 

あくまで貸金業者との交渉を取り持ってくれるだけですので、交渉が思ったとおりに進められず、最終的に減額が少なかったり、過払い金が回収できないこともあります。 一度ご相談をいただいた上で、よく吟味されてから選ぶべき選択であると思います。

司法書士がお手伝いする場合は、申立書類を作成することが可能です。


特定調停のメリット

特定調停のメリットは以下のようなものがあります。


○ 費用が安い
○ 手続中の強制執行が止められる
○ 債権者との交渉を調停委員がしてくれる 
○ 官報に掲載されなくて済む 
○ 借金の理由が問われない
○ 自己破産と異なり、財産に影響がない
○ 無理なく返済計画を立てることができる
○ 自分で債権者と交渉するのでなく、調停委員が交渉をしてくれるため、精神的苦痛が少ない。


特定調停のデメリット

特定調停のデメリットは以下のようなものがあります。

△ ブラックリストに載り、5~7年ほどは新たな借金やクレジットカードを作ることができない。
△ 支払い総額がほとんど減らない場合がある。
△ 調停成立後、支払を怠ると給与を差し押さえられることもある 。
△ 調停委員によって債権者寄りの対応を取ることがある。

特定調停の一番のデメリットは、あくまで裁判所はあなたと貸金業者のどちらの味方でもないことです。専門家である法律家に頼む余裕がないために特定調停を選択したものの、結果として交渉がうまくいかず、損をする場合があります。


■ 特定調停の手続の流れ

1. 簡易裁判所へ特定調停の申し立て
⇒この時点で債権者からの取立てはできなくなります 

2. 裁判所から調停委員を指定
⇒弁護士、有識者が選ばれることが多いようです 

3. 当事者間で協議
⇒借りている側は初めての体験であることがほとんどですが、貸している方はその手の交渉ごとには百戦錬磨です。事前にしっかり準備をしましょう。

4. 調停成立
⇒裁判所の方で調停調書を作成します 。

5. 返済開始
⇒調停の内容に従い、3~5年計画で返済していきます。

 


ご相談は無料です。
お気軽にお問合せください。
(委任契約を交わした後、料金が発生します。)




●事務所概要  ●スタッフ紹介  ●あいち司法アクセス

無料相談会のお知らせ

専門家に相談するだけで、
解決できるお悩みは多くあります。
また、問題が発生する前にご相談頂ければ問題が発生しないようにアドバイスをさせて頂きます。
相談は無料ですので、
お気軽にご相談ください。

司法書士がこんな悩みを解決します!!

司法書士には以下の場合に相談をする事をお勧め致します。 

●サラ金の取立てを止めたい
●債務整理をして借金を減らしたい
過払い金取り戻したい
登記に関して相談したい

●不動産関連
●登記手続き
●比較的少額の裁判手続き
●自分自身で裁判をしたいときのバックアップ
●自己破産等の借金整理手続き
 

当事務所では登記手続きは勿論、
相続・遺言・債務整理にて積極的に力になります。

無料相談会について

現在、当事務所では無料相談会を実施しています。

法務関係で気になっていたことやお困りのことを、
この機会に是非我々専門家にご相談ください。

あなたの不安を解消しましょう。

対応エリア

あいち司法書士のスタッフブログはこちら



あいち司法事務所