債務整理、過払い金、無料相談なら刈谷市に事務所を構える司法書士あいち司法&相続へご相談ください。

所有権の保存、移転

所有権保存登記とは

所有権の登記のない不動産について、初めてされる所有権の登記のことを言います。

建物が新築されると、「表題登記」を行います。「表題登記」とは、最初の所有者は1カ月以内に建物の物理的状況(どのような建物か)を公示することです。

これにより表題部が作成されます。

また、「表題登記」に続いて登記用紙の甲区に、「誰が所有者か」を示す「所有権保存の登記」が記載されます。

もちろん、表題部に記録された所有者は単独の場合に限られず、複数の場合もあります。

その場合は、通常、共有者全員の名義で所有権保存登記をします。

以後、この保存登記を基礎として売買や相続といった所有権の移転や抵当権の設定・抹消といった不動産の権利変動に関する登記がなされます。

不動産の所有権が移転したり、その不動産に権利が設定されたりする場合には、それらの契約の相手方は自分の権利がゆるぎないものとなることを希望します。これが「対抗要件を具備する」ということになります。

そのためには所有権保存登記をしなければ、他の登記をすることはできず、対抗要件も満たすことができません

当事務所では、手続きをスムーズ完了させ、お客様のご負担を減らすお手伝いをします。


登記に必要なもの

申請書(正本と副本)
所有者の住民票
固定資産評価証明書
印鑑(実印である必要はありません)
登録免許税相当額の現金



ご相談は無料です。
お気軽にお問合せください。
(委任契約を交わした後、料金が発生します。)




●事務所概要  ●スタッフ紹介  ●あいち司法アクセス

無料相談会のお知らせ

専門家に相談するだけで、
解決できるお悩みは多くあります。
また、問題が発生する前にご相談頂ければ問題が発生しないようにアドバイスをさせて頂きます。
相談は無料ですので、
お気軽にご相談ください。

司法書士がこんな悩みを解決します!!

司法書士には以下の場合に相談をする事をお勧め致します。 

●サラ金の取立てを止めたい
●債務整理をして借金を減らしたい
過払い金取り戻したい
登記に関して相談したい

●不動産関連
●登記手続き
●比較的少額の裁判手続き
●自分自身で裁判をしたいときのバックアップ
●自己破産等の借金整理手続き
 

当事務所では登記手続きは勿論、
相続・遺言・債務整理にて積極的に力になります。

無料相談会について

現在、当事務所では無料相談会を実施しています。

法務関係で気になっていたことやお困りのことを、
この機会に是非我々専門家にご相談ください。

あなたの不安を解消しましょう。